機密文書・古紙リサイクル|近畿産業株式会社
社会貢献活動 社会貢献活動

社会貢献活動からのお知らせ

一覧

2018/10/23

ホームページリニューアル致しました。

飾りロゴマークエコアクション21への取り組み

近畿産業は、エコアクション21の認証・登録事業者です

環境保全の行動指針葉っぱのイラスト

環境方針

環境保全が経営の重要課題であることを踏まえ環境経営システムを
構築・運用し社員一丸となって自主的・積極的に環境保全活動に継続的に
取り組みます。
当社、近畿産業株式会社は古紙リサイクル事業を通じて社会貢献すると共に、
その事業活動における環境負荷の低減のための活動に取り組みます。

環境理念

  • 環境関連法規制や当社が約束したことを遵守します。
  • 電力及び軽油の二酸化炭素排出量の削減。
  • 廃棄物の削減及び再資源化の推進。
  • 水資源の節減
  • 環境に配慮した資材の購入。
  • 古紙等一般廃棄物処理の再資源化の推進。
  • 自然食品の販売促進及び廃棄物ゼロの継続。
  • 地域社会への環境教育の推進。

これらについての環境目標・活動計画を定め、定期的に見直しを行い、
継続的な改善に努めます。

環境活動レポート

当社は、一般廃棄物及び産業廃棄物の適正な処理(収集運搬及び中間処理)と、再生資源の有効利用により
「人と自然と産業の共生」を求め、循環型社会の推進並びに地球環境の持続的発展に貢献します。

エコアクション21

ダウンロード(PDF:1.05MB)

pdfダウンロードボタン
「地球のためにできること」子どもたちが楽しく学ぶ場を提供

当社はエコアクション21の取り組みの一環として、「子供科学フェスティバル科学実験教室ともの作り」に参加しています。そこで、不要になった古紙をミキサーで撹拌し紙すきをしてハガキを作る体験の場を提供。子どもたちだけでなく、参加したスタッフからも勉強になったと大変好評です。今後も、紙は大切な資源であることを伝え続けると同時に地球環境を守るためにできる取り組みを進んで行ってまいります。

飾り赤目自然農塾

近畿産業では、自然農の良さを広く知ってもられるよう普及活動を行っています。
月に1回行う自然体験活動では、社員も参加し、都会の子どもたちが自然と触れ合える貴重な場となっています。

赤目自然農塾は三重県と奈良県の県境、室生、赤目、
青山国定公園の山並みに囲まれた静かな山の棚田にあります。

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵にしない」自然の営みに沿った農を実践しながら「学びの場」として開かれています。農とは無縁の、都会の老若男女が自給自足や農のある暮らしの夢を抱き、日本の各地から学びにきています。

その中でちびっこ赤目自然農は都会の子供たちに虫や草花を愛おしむ心を持ってもらいたい、泥だらけになって体中で思いっきり遊ばせたい。普段食べているお米は農家の方はどんなふう作っているのか、食の大切さを感じてほしい。そんなママ達の声からできた学びの場です。ちびっこ赤目自然農では、親達が子供に教えるのではなく子供自身が自然を観察してその子の体験として何かに気付いてほしいと願っています。なるべく子供達の自主的な活動を妨げず、治る怪我、仲直りできる喧嘩は大人は黙ってみていたいと考えています。

年間ギャラリー
赤目自然農塾1年間の活動の様子です
  • 1月 野菜が籠に入ったイラスト 1月の写真

    テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

  • 2月 2月の写真

    塾の一年の始まり
    赤目の田にこんなに雪が積もった年もありました

  • 3月 3月の写真

    なめこと椎茸の菌打ち
    道具も上手に使います

  • 4月 4月の写真

    お米の種降ろし
    お米の赤ちゃん大きくなあれ!

  • 5月 トマトとナスのイラスト 5月の写真

    麦刈り・畦塗り
    収穫は楽しみの作業です

  • 6月 田植えのイラスト 6月の写真

    田植え・苗代じまい
    田植えは人気の作業
    沢山の参加であっという間に完成です。

  • 7月 7月の写真

    麦の脱穀・田んぼの草刈り
    子どもたちは川遊び

  • 8月 8月の写真

    田んぼの草刈り・水管理・畦の補修

  • 9月 9月の写真

    水管理
    キャンプでは火の扱いを学びます。

  • 10月 稲刈りのイラスト 10月の写真

    稲刈り・稲木の立て方

  • 11月 11月の写真

    麦まき・お米の脱穀・籾摺り
    乾燥した稲の束を手に脱穀の順番を待っています。

  • 12月 俵のイラスト 12月の写真

    麦まき.・稲藁ふり
    収穫したお野菜を川で洗います。

飾り
年間予定表など詳しい情報はこちらをご覧ください。

飾り太陽光発電システムの活用

太陽光発電システムの写真

近畿産業では、社屋の屋上の敷地を利用し、太陽光発電システムを設置しています。
同システムで発電した電力は売電しています。
再生エネルギーを活用することでCO₂の排出を減らし地球環境保護に貢献しています。

太陽光発電の遠隔監視サービス